育毛剤の達人

育毛剤の達人

育毛剤で薄毛を治したいけれど、 一体どこが良いのかさっぱり分からない。育毛剤の達人では 実際に利用した人気育毛剤をガチで比較! あなたにぴったりの育毛剤選びのお手伝いをしています。

育毛剤の達人 最新人気ランキング

チャップアップ(CHAPUP)

CHAP UP(チャップアップ)に含まれる成分は様々な学会等で「育毛に効果がある」と発表され、多くの文献にも記載されているものです。 そのためそれらを多く独自配合しているチャップアップは非常に多くの専門家・メディアより非常に効果が高い育毛剤として評価されています。

 

 

薬用ポリピュア

発毛促進、脱毛の予防をもっとダイレクトに感じたい! その夢を叶えるため、長い長い研究の末、ついに発見したのが長鎖分割ポリリン酸です。 これまでのケアでは触れられていなかった「発毛促進」のスイッチに初めて触れるわけですから、その結果は国際特許で認められるほどの驚くべきものでした。「本当に困っている方々にもこれで本当に喜んでいただける。」 そう思うと震える思いでした。

 

 

薬用プランテル

薬用プランテルに含まれる3大育毛成分は、この「脱毛をブロックする機能」と「栄養(血流)促進・発毛促進による攻める機能」を複合的に組み合わせることで、乱れた毛髪周期を正しく修正し、あなたの頭皮・毛髪が持つ本来の姿へ導くことができます。

 

 

育毛サイクルについて知ろう

育毛サイクル(発毛サイクルやヘアサイクルとも言われます)とは、髪の毛が生え始めてから抜けていくまでの周期のことを意味しています。現在日本には1200万人以上の脱毛症患者がいると言われていますが、その大半は男性です。しかし、女性の脱毛症が決して少ないという訳ではありません。女性の場合、男性と違い髪の毛が局所的に抜けていくというよりも、全体的に薄くなっていくという症状が多くなります。そのため、多くの女性が市販の育毛剤やカツラで対処していて、積極的に治療を受けるケースが少ないことが、脱毛症患者に女性が少ない現状の原因と考えられます。したがって、この1200万人という患者数は氷山の一角に過ぎないと読む専門家もいます。話しを育毛サイクルに戻しましょう。育毛サイクルとは、その名の通り髪の毛が生えてから抜けていくまでのプロセスのことを意味しています。髪の毛一本の寿命は健康な状態だと2?6年ぐらいと言われています。したがって、脱毛症ではない人でも日々寿命を迎えた髪の毛は抜け続けているんですね。抜けた分新しい髪の毛が生え、成長していっているので見た目には変わらないように感じるだけなんです。脱毛症の人はこのサイクルに狂いが生じ、髪の毛が十分に育たないうちに成長を止めて抜けていってしまうので、生える量よりも抜ける量の方が多くなり、次第に薄くなっていくという仕組みになっています。髪の毛自体は死んだ細胞の集まりですから、それ自体で成長していくということはありません。髪の毛を生やして伸ばすのは毛根にある毛母細胞の働きによります。つまり脱毛症は毛母細胞の異常と捉えてよいということになりますね。毛母細胞は酸素と栄養素を頭皮近くを通る毛細血管から供給されながら活動していますから、毛母細胞の異常は主にそれに繋がる毛細血管のトラブルと考えて差し支えありません。頭皮付近の血行不良が一番大きな原因として考えられているのです。次に挙げられる大きな原因は頭皮の衛生環境の悪化です。特に皮脂汚れは頭皮全体を覆って毛穴を塞ぎ髪の毛の成長を妨げます。正常な育毛サイクルの場合毛母細胞の状態によって休止期(髪の毛の発育を休止している状態)が3?4ヶ月程度、育成期(盛んに髪の毛を作り出している状態)が2?6年、退行期(毛母細胞の活動が弱まってくる時期)が2?3週間になります。